国民年金基金いくらもらえるか知ってる?

前回の続きで夫の掛け金29,980円と言うことです。
奥さんの掛け金23,675円です。
夫婦二人で国民年金基金に月額で53,655円を支払います。
掛け金の予算が当初50,000円程度と言うことなので、少しオーバーしますよね。
まず、60歳からの5年間で見ると、年間24万円を貰えます。
4型の受給額2万円を12ヵ月分で24万円と言うことですよね。
そして、65歳からの5年間と言うのは、年間で72万円になります。
A型の4万円を12ヵ月分と、4型の2万円を12ヵ月分を合計しますと、72万円となります。
そして、70歳以降の終身で年額48万円です。
※これはA型の月額4万円を12ヵ月分で48万円になります。
その一方で、奥さんがもらえる老齢年金は、どのようになるのでしょう? 奥さんが60歳になってからの5年間と言うのは、年間12万円になります。
これは、4型の1万円を12ヵ月分で12万円と言うことですね。
そして、65歳からの5年間は、42万円を貰えると言うことになります。
そして、4型の1万円を12ヵ月分で42万円になります。
これはA型の25,000円を12ヵ月分で30万円になります。
夫と妻が国民年金の保険料をちゃんと60歳まで納付したとして、老齢基礎年金が65歳からもらえるとなった場合、国民年金基金の老齢年金と言うのは、これらの金額を合算した分となります。
生命保険は早く加入したほうがお得?【若いうちが良い?必要ない?】